おうちで療養する「在宅医療」

在宅医療を選択する方に

在宅医療を受けるには

どうやったら医療や介護サービスをうけられるの?
  1. 脳梗塞やがんなどの重い病気で病院に入院し、その後、自宅療養を希望している方は、まずは病院の主治医に相談してみてください。
    また病院には「地域連携室」「医療連携室」という部屋があります。そこを訪れて相談することもよいでしょう。
    「医療ソーシャルワーカー」や「看護師」が、患者さんやご家族の相談に応じています。在宅医療を行う医師を見つけたり、紹介したりしてくれるはずです。
    在宅医療を受けるようになっても、病院の主治医にはかかりつづけることができます。
    例えば、三ヶ月あるいは毎月一回、病院にかかりながら、それと並行して、在宅医療を受けることもできます。
    また、在宅医にかかっていて、入院が必要なときには、もとかかっていた病院に入院することもできます。
  2. 自宅の近辺で、在宅医を探し始める方法もあります。
    以下のような相談窓口に問合せしてみましょう。

    市役所、町の医療・福祉窓口 岐南町 地域包括支援センター
    笠松町 地域包括支援センター

    ※地域包括支援センターは、原則的に地域の高齢者の在宅療養を支援するセンターです。
    ただし高齢者に該当しない場合でも、問い合わせ窓口がわからない場合には、まずは相談してみるとよいでしょう。

  3. 他のインターネットサイトなどで探す。
    在宅療養では、最寄の医療機関や介護施設を利用すると緊急の場合の対応が早いなどのメリットがありますが、周辺地域から在宅医を探す方法もあります。
    ただし、ホームページだけではその医療機関の最新の情報は分かりにくいこともあるので、ホームページで探し当てた医療機関には、事前に相談に訪れることをお勧めします。
  4. 今、開業医院に通院している方で、次第に障害が重くなり通院が困難になったため、在宅医療を求める方法もあります。
    まずは、かかりつけの先生に相談してみましょう。
    外来ばかりでなく、訪問診療を行ってくれる診療所も増えてきました。
  5. 病院に通院しているときは、まずは主治医に相談することをお勧めします。
    ただし病院の場合は、主治医の先生に往診してもらうのは難しいかもしれません。
    その場合は、上に述べた「地域連携室」の扉をたたくことをお勧めします。