おうちで療養する「在宅医療」

在宅医療に関する機関

福祉施設系

介護が必要な高齢者の方には、入院、在宅医療のほかに福祉施設への入居という道もあります。

特別養護老人ホーム (特養)

身体上または精神上著しい障害があり(介護保険制度で介護の必要がある「要介護」の判定)、家族の介護が難しい、65歳以上の高齢者が利用可能な施設です。介護保険が適応されます。通称「特養」。
常時の介護が必要な寝たきりや認知症の高齢者の入所者が多くおり、自立に向けて積極的な介護をするというよりも、日々の生活に寄り添う施設です。そのため利用者にとって終の住処のなる場合も少なくありません。
入所待ちの方も多い施設ですが、単に順番待ちではなく「家族等の状況を勘案して指定介護福祉施設サービスを受ける必要性が高いと認められる入所申込者を優先的に入所させる」ようになっています。

介護老人保健施設(老健)

病状やけがの症状が安定した高齢者の方を、原則として3ヶ月を限度に受け入れる施設です。介護保険が適応されます。通称「老健」。
可能な限り、居宅における生活への復帰を念頭に置いて、自宅での生活を可能にするための介護やリハビリテーションを行うことを目指した施設です。

有料老人ホーム

65歳以上の老人のための生活サービスを提供する施設。介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームがあります。
民間企業が経営しているケースが多く、料金設定もさまざまであり、入居一時金を支払う終身利用権方式、賃貸借方式、終身建物賃貸借方式などがあります。

介護付有料老人ホーム
介護が必要な高齢者も入所できる施設で、介護サービスは有料老人ホームのスタッフが提供します。

住宅型有料老人ホーム
介護が必要な高齢者も入所できる施設で、その場合には訪問介護等外部の在宅介護サービスを利用します。

健康型有料老人ホーム
介護が必要ではない高齢者の施設であり、介護が必要になった場合は契約を解除して退去の必要があります。需要がないため、数は多くはありません。

羽島郡の在宅医療地域連携施設ガイド一覧