おうちで療養する「在宅医療」

在宅医療に関する機関

居宅系サービス

居宅介護支援センター

居宅介護支援事業所に所属する介護支援専門員(ケアマネージャー )は、在宅介護の要となる人です。
ご本人やご家族の状況や要望を理解した上で、個別に居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、それに基づいて各介護サービス事業所との連絡調整を行います。
要介護者が介護保険施設に入所する場合には、介護保険施設への紹介を行います。
他の介護サービス事業者と異なり「ケアプラン作成の費用」は全額介護保険から給付されます。

訪問介護事業所

訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅を訪問して、入浴、排泄、食事等の介護等、日常生活上の世話、掃除、洗濯、通院等のための乗車又は降車の介助等を行います。
「介護保険」を利用すると1割負担で利用できます。

通所介護事業所(デイサービスセンター)

通所介護事業所(デイサービスセンター)では、健康チェック、入浴、食事、リハビリの提供等の日常生活上の世話、機能訓練を行っています。
レクリエーションなどをしながら時間を過ごすことも多いのですが、最近ではリハビリテーション機能などを備えたデイサービスも増えています。
地域密着型介護サービスには「認知症対応型通所介護」と言う認知症専門の通所介護もあります。

通所リハビリ事業所(デイケアセンター)

要介護認定者等が通う、介護老人保健施設、病院、診療所内のリハビリ施設を「通所リハビリ(デイケアセンター)」と言います。
理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーションを行なう施設です。

短期入所事業所(ショートステイ)

ショートステイとは、要介護者の方が施設に期間限定で短期間入所し、日常生活のお世話や機能訓練などを受けることのできる介護サービスです。
介護者の方に、一時的に休んでリフレッシュしていただくための「レスパイト」施設として使われています。
基本的には、短期入所(ショートステイ)先の介護施設で暮らす入居者と同じ生活をします。

小規模多機能施設

日中の通所介護(デイサービス)や、日中及び緊急・夜間時の訪問介護(ヘルパー)、短期入所(ショートステイ)といった複数の介護サービスを、一体的かつ継続的に提供する小規模施設です。
24時間365日対応で、費用は要介護度に応じた定額制です。
登録定員は25名以下、通所の一日あたりの定員は15名以下(ただし、他の介護事業所のサービスと併用はできません)、泊まりは5名~9名の規定があります。
厚生労働省が「施設ケア」と「在宅ケア」の中間的なサービスを提供する拠点として定義づけた施設であり、今後増やしていくべき施設のひとつに位置づけています。

羽島郡の在宅医療地域連携施設ガイド一覧