おうちで療養する「在宅医療」

病気を持ったまま「おうちで過ごす」

在宅医療とは

「在宅医療」とは、通院が困難な患者さんの自宅もしくは施設などに、医療者が定期的に訪問して診療することを言います。

通院困難な患者さんであれば、年齢や病気や障害の種類に関係なく受けることができます。
実際に、先天性疾患の小児の方から、外出困難な方、さらには様々な難病の方や癌の方、寝たきりの高齢者の方まで、さまざまな方に在宅医療は提供されています。
また内科だけではなく、寝たきりになった方の歯科診療や皮膚科診療、訪問リハビリなど受診できる医療行為もさまざまであり、医師や歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士などが必要に応じて訪問します。

在宅医療は特別な医療行為ではありませんので、「健康保険」を使って受けることができます。
また年齢や疾病によっては「介護保険」を使えますし、国が定める特定疾患の場合は公費負担のあり、障害者手帳をお持ちの方であれば自治体からの補助を使うこともできます。